原创翻译:龙腾网 http://www.ecsoav.cn 翻译:雨晴様 转载请注明出处

「水中の虎」「河川のパンダ」「象魚」...異名だらけ“淡水魚の王”が地球上から姿を消す

被称为‘水中的老虎’ 的淡水鱼之王——中华白鲟已从地球上消失


「水中の虎」「河川のジャイアントパンダ」「淡水魚の王」「象魚」...数々の異名を誇る魚が地球から姿を消した。

‘水中的老虎’ ‘河川中的熊猫‘ ‘象鱼’,别名繁多的淡水鱼之王白鲟已从地球上消失。






【画像】ハシナガチョウザメの姿

图片白鲟的身影


学術誌「サイエンス?オブ?ザ?トータル?エンバイロメント」にこのほど、中国?長江の固有種「ハシナガチョウザメ」が絶滅したと結論づける論文が掲載された。

学术期刊《整体环境科学》(Science of The Total Environment)日前刊登了一篇主题为中国长江特有鱼种白鲟已灭绝的论文。


ハシナガチョウザメ(Psephurus gladius)は別名シナヘラチョウザメとも呼ばれる長江の固有種。ナショナル?ジオグラフィック日本版によると、淡水魚では世界最大の一種とされ、大きなもので体長7メートル、体重450キロに達したという。その巨躯から中国では「淡水魚の王」「水中の虎」などの異名を取っていた。

白鲟(Psephurus gladius),别名中华匙吻鲟,是长江的特有鱼种。据日本版《国家地理》杂志的介绍,白鲟是世界上最大的一种淡水鱼,体重最高可达7米,体重可达450公斤。因为身躯十分之巨大,在中国它被称为‘淡水鱼之王’,‘水中之虎’。





ハシナガチョウザメは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは現在絶滅の一歩手前とされる「絶滅危惧IA類」に分類されている。

白鲟已经被世界自然保护联盟IUCN列为了濒危保护红色名录,且被分类为了极危物种种类。